酵素健康法 その1

酵素には、2種類あります。
代謝酵素と消化酵素です。
私達は、食事をとり、そこから栄養を得て、エネルギーに変えます。
その時の「分解・消化・吸収・排泄」こういった過程で使われるのが、消化酵素です。

そして、心臓の拍動・呼吸・血液の循環・熱産生・筋肉を動かす・思考・神経の流れ・ホルモン産生・生きていくのに必要な動きには代謝酵素が関わってきます。

生まれたときから、体内酵素の量は決まっており、生まれた時が一番酵素が豊富で、年齢とともに減少していきます。

たとえば
 ・暴飲暴食をする
 ・加工食品や化学物質などを多くとる
 ・睡眠不足や過労など、負担をかける
 ・ストレス過多の生活

こういった生活は、体内の酵素を浪費することになります。
また、発酵食品がいいとよく言われますが、発酵させたものは
 ・消化がいい
 ・栄養価が高くなる
 ほか、発酵の菌が体内に入ることで、既存の酵素を増やしてくれるからなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP