メンタル(いい人が発症しやすい?)

がんや大きな病気とストレスとの関係は深いとよく言われます。
同時に「いい人」「善人」であると、がんになりやすいとも言われます。

長い間、社会生活を送っていると、さまざまなストレスに対してうまく適応するため、またこうあるべきといった自分が作り出した価値観などから、自分の理想のイメージ像を創ってしまいます。
争いごとを避けるため・物事を穏便に進ませるために、自分の意見や感情はとりあえず横に置いといて、他人を優先してしまうのです。

そうすると、自分の心の痛みや怒り・敵意を表すことができません。
他人からは、「善人」とか「温和な人」というイメージでみられるようになると、そのイメージを壊してしまうような態度をとることが、ますます出来なくなります。

他人とは調和して人間関係がスムーズにいくかもしれませんが、自分の本心に蓋をしてしまっているので、自分との調和がとりにくくなってしまいます。
本心にふれないように生活していくので、自分自身に対しての信頼度が減り、自分が大事にされていない感じがまとわりつきます。
自分の本心を解放していないので、窮屈であり、心底のこころからのよろこびを感じにくくなります。

実際、体内の腫瘍の成長が早い人は
・他人に自分をよく見せようとする(ネガティブな部分を隠そうとする)
・よく見せようとする自分を弁護する(こういった態度の方が常識的だ)
・不安にかられやすい
・愛情を求めていながら、表現できない、または素直に受け入れられない
・自分の生の感情を表現できない
といった傾向が見られます。

生き方を急に変えるのは大変なことですが、病気になったからには、感情のあり方やその表現方法を見つめなおす作業が必要になってきます。

何も感じていないようなふりや、また、自分の感情を押さえ込むことで周りがスムーズにまわるという考え方をしていませんか?
その奥にある本当の気持ちはどういったものですか?
なにも、その都度それを表現しなくても大丈夫です。
自分自身がその感情をしっかりと感じて、それを認める。
そのプロセスこそがとても重要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP