年々、夏の暑さがこたえる・・・というかた、のりきる秘訣は自律神経と酵素です

年々、夏の暑さが厳しくなっているから?

年齢とともに、体力がなくなっているから?

「だるい」や「つかれた」「なにもする気がおこらない・・・」とつぶやきつつ、夏が すぎるのを待っているかた。

もう少し、元気になりたいと思いませんか?

確かに、酷暑・クーラーの部屋と外気温との温度差など身体にとって厳しい 条件の季節ではあります。

しかし、それに適応できる身体を創れば、たとえ1日疲れても、眠れば元気が 復活している・・・という身体になれるのです。

では、夏バテはなぜ、おこるのでしょうか?

よく、夏バテをおこさないために、水分をこまめにとる・塩分も摂取する 冷たいものの飲食を控える・栄養(ビタミン等)をとる・休息(睡眠)をしっかりとる などがいわれています。

もちろん、こういったことは大切ですが、身体が暑さに耐えられるようにして くれているのは、自律神経なのです。
暑ければ、汗腺を開き、汗を出させ、体内温度を下げようとする。

一方、クーラーの部屋では、汗腺を閉じ、熱の放出を抑えるオーバーワーク気味になれば、 身体をだるくさせ、休息が必要と感じさせる。

冷たい飲食ばかりで、胃腸の働きが落ちてくれば、食欲を落とし、消化作業の負担を減らす。
など、24時間、身体の状態をチェックし、よりよく生命活動が営めるよう働いてくれるのが自律神経です。
なので、少々外環境の条件が厳しくても、この自律神経がしっかり働いてくれれば バテるところまでいかずに、活動的に日常が送れるというわけです。

近年、熱中症で搬送される方の数が増加していますね。これは、暑さが厳しく なっていることもありますが、自律神経の働きが弱くなっている人が多いということでもあります。

自律神経が弱く(=バランスが乱れる)なっている人は・・・・

・年間を通して、快適な環境の中ですごし、温度差への対処の必要性があまりないかた
(冷暖房の中ですごす時間が長い)

・首や肩がとても凝っている方(自律神経ルートがあるので)

・デスクワークが多い(足をあまり使わない)、頭脳労働の方
(脳の緊張が強い)

・ストレスを感じることが多い方(交感神経優位状態が続く)

・汗をかく機会が少ない方

・リラックスできる時間が少ない方

・生活が不規則な方

など、複数要因で自律神経のバランスが乱れてきます。

では、自律神経系を鍛えるにはどうしたらよいのでしょうか?

・デスクワークが多い方は、積極的に歩行数を増やす

・脳の緊張が強い方は、パソコンや携帯やテレビの時間を減らし、 香りを楽しむことや自然の中ですごす時間など、脳の視覚を担って いる部署と違う部署を働かす。

・凝っているところをほぐせるようなストレッチを取り入れる

・半身浴など、汗をだす力をつける

・リラックスできる呼吸法(腹式呼吸など)を取り入れる など、簡単にできることはたくさんあります。

首のうしろの凝りや脳の緊張がきつい方は当店の手技療法をおすすめします。
そして、夏バテの要因のもう一つは酵素不足です。

・厳しい暑さの中で、身体を動かすには、通常より多くの酵素を必要とします。

・栄養を摂らないと・・・とこってり系の食事をすれば消化に酵素がより必要です。

・冷たい飲食をすれば、酵素の働きが悪くなるので、より多くの酵素を必要とします

・食欲がなく、あっさり系の食事が多ければ、含まれる酵素の量が少ないので 体内への摂取酵素が減ります。

・汗をかけば、身体の中のミネラルバランスが崩れるので、その調整のために酵素を必要とします。

・夏場は発汗など、代謝が活発になるので、細胞のエネルギーがより多く使われ、酵素を必要とします
など、酵素をより多く使用するため、酵素不足に陥りがちです。
それが、前述の自律神経の乱れにもつながってきます。
酵素を補い、今ある酵素を活性化して元気な身体を創りましょう。
当店の酵素風呂と酵素飲料‘菜実根’がお役に立ちます。

バテ気味・・・と感じたとき、酵素飲料を飲むと、内臓にしみ込む感じや元気が湧いて くる感じを体感していただけます。

酵素風呂においては、酵素を発酵する過程により、より多くの酵素の吸収や働きの 活性化の効果があります。それと同時に血行促進や筋肉緊張を緩める作用により 自律神経の働きを高める効果も期待できます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP