アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) |

コラム

酵素風呂の美白効果

2019年04月04日

「頭にくる」と「腹がたつ」の違い

2019年01月16日

人間関係の潤滑油「ほめる」

2018年08月19日

大人になると、「ほめられること」って少なくなりますよね。

それだけに、人から「ほめられたり」「認められたり」

すると、純粋に嬉しいもの。

 

にもかかわらず、「人をほめる」ということは

いざとなると、難しいものです。

 

ほめる前から、「こんなことを言って、お世辞ばかり・・・

と思われないかな?」とか

「嫌味にとられないかな?」とか

相手の気持ちを憶測してしまうと、タイミングを逃して
しまいます。

 

また、洋服や持ち物・容姿などをほめると、

喜ばれることもありますが、本人が本心で

気に入っていないケースもあるので要注意です。

 

では、ほめ方のポイントなるものをご紹介しますね。

 

① 相手の行動に関してほめる

   ・・・結果ではなく、その行動自体を評価する

 

②  自分が感じた影響を話す

   ・・・その相手のおかげで、自分が元気になる・勉強になる・

    見習いたいなど、その相手には自分への影響力がある

    のだと伝える

 

③  行動にあらわれるその人の性質を評価する

   ・・・○○をするなんて、努力家ですね・誠実ですね

    思いやりがあるんですね・・・など

 

ほめるって、人間関係の潤滑油のようなもので、

これを抵抗なくできる人って、人から喜ばれる存在に

なりますよね。


組織の中で、「ほめる」ことをしていると、おべっかを使って

取り入ろうとしていると思われないか・・・と心配するかも

しれませんが、

 

基本は「誰にでも・・・」を実践するのです。

自分と利害関係のない人を、「ほめる」ために、その人を

よく見ようと努力をし、ほめ上手になっていけば、

「歯の浮くようなお世辞」や「自分の利益のために媚びている」

などとは思われないと思います。

 

相手も自分も気分よく過ごすことができれば、結果、自分の

いらないストレスが減ります。

 

「なにかほめることないかな・・・?」と意識をむけて

「ほめ上手」になっていきましょう~




 

自然治癒力を高める(フロー状態をつくる) 

2018年08月16日

夏バテの原因は酵素不足

2018年07月21日

マイナスイオン増加

2018年07月19日

床ふきは優れた健康法

2018年07月09日

ヒートショックプロテインについて

2018年06月29日

「私らしくないな」で前へ進もう

2018年06月15日

現代の肩こり

2018年05月29日

強いメンタルを持ちたい!2 こころの設定

2018年05月12日

強いメンタルを持ちたい!1

2018年05月12日

次のページへ