アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | メンタルにも心をむけてみよう

メンタルにも心をむけてみよう

アレルギー反応がでると、まずは、何に反応しているかを
調べてもらう人がおおいですよね。
たしかに、反応しているものを割り出せば、それに対処する
ことができます。
食べ物なら除去する・ほこりやダニならよく掃除をする・・
これで少しは緩和するかもしれません。

ところが厄介なことに、ありとあらゆるものに反応している
ケース・アレルギー源を完全に除去しても、アレルギー反応が
出るケース。
ここに精神と免役反応が密接な関係があることの難しさが
あるのです。

同じような生活をしていても、出る反応はその時々で変わります。
心の状態で、身体の反応が大きく変わることはよくあることです。

ご自身が、こういった心の状態の時は、症状が軽い・あるいは重い
こういった生活リズムになると症状がよくなる・悪くなる・・・

といったことをよく観察し、目をむけることが大切かと思います。

「よくなるときもあれば、悪くなるときもある・・・いちいち気に
していられない」ではなく、良い時の状況を客観的に判断することは
治療の1つです。

次は、「たまたまそのような心境だったから・・・」ではなく、
よくなる状況の心境を自分で創りだすのです。

人間関係でストレスがたまって、よくない心境になるのなら、その関係
の見直しやこころの持ち方や考え方の変容

何かをして、いい心境になったのなら、そのときの体験や似たことを
おこなう
などです。

ご相談に見えられた方でこういった方がいらっしゃいました。
かなりのひどいアトピーで全身に症状が出るのですが、長期の休暇がとれて、
旅行などに出かけると症状が半減するのです。

一般的に考えると、旅行などに出かけると、食事の制限もあまりできない・
不規則な生活になる・移動など身体への負担・・・アトピーの治療にとっては
マイナスの要因のほうが大きいのです。
ところが、逆に、よくなるということは、常日頃の心の抑圧が、アトピー
症状を悪化させているということになります。

日常生活の中では、当たり前にできる・あまり頭や気を使わなくても
事が足りることがほとんどです。
そうなると、思考は、自分の症状のことや、治療のことに重心がうつって
いきます。
しかし、旅行などは非日常ですから、いろいろなことに気をまわさなくては
なりません。
目新しいものを見聞きすると、心はそちらに移っていきます。

つまり、心がアトピーのことにありすぎるのが、治癒を妨げていることの
要因の1つだと考えることはできないでしょうか?

もちろん、治療を考えて、食事の内容を工夫したり、なにかしらの運動を
したりすることは大切ですが、それをこなした上で、それ以上はアトピーや
アレルギーのことに心を移さない努力。
自分が楽しめるものに没頭して、心を解放させる時間をもつ。
こういったことも重要なのです。

病気の治癒を考える時は、物質的な面からだけではなく、精神面・心の
あり方
にも注目していただきたいと思います。