アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 自然治癒力について 5 身体の柔らかさ

自然治癒力について 5 身体の柔らかさ

ガンという病気にかかわらず、一般的に病気になると
その部所や症状に気をとられ、身体全体に気をまわすことの
習慣はあまりありません。

しかし、健康を害した時の身体の状態をみてみると、全体に
硬くなっているはずです。
筋肉や腱が硬い・柔軟性に欠ける・病状の出ている付近が硬い・
リンパ節がゴリゴリしている・・・などが感じられるでしょう。

中でも、ガンという病気にとって、著しく問題なのが、後頭部や
肩・首が非常に硬くなっている
ケースです。

この付近が凝ったり硬直したりするのは、身体が「脳」を守ろう
とするメカニズム
が働いていることになります。
本来、動物であれば弱い箇所であるこの部分は、外敵に襲われると
致命的です。
ですから、本能的に脳がダメージを受けそうになると、硬くして
身を守ろうとするのです。

では、私たちの外敵とは・・・?現代の生活で実際の敵はいないの
ですが、慢性的なストレスがりっぱな外敵となります。

ストレスは交感神経を優位にして、来るべき敵の攻撃に備えようと
します。
このとき、身を守るため、身体組織を硬くします。
また、攻撃による衝撃やケガに備えるため、免役を高くします。
この免役は体表に近い部分で活性化するため、身体の内部に対する
免役の働きは弱く
なります。

がん治療において、免疫力は鍵となりますが、現在の身体の中で
免役が活性化しているかどうかは判断がつきにくいものです。

しかし、身体の様子をみる・・・身体が硬いかどうか(硬い人でも
いつもと比べて、柔軟性がましているかどうかをチェックします。)
肩や首にコリや硬直があるかないか
・・・こういったところからご
自身の身体の状態を推測できるのです。

ここで、ストレッチなどをしても一時しのぎになりかねません。
「脳」が身体を硬直させようとしているのですから、脳の働きを
かえていかないといけない
のです。

そこで、リラクゼーションであったり、呼吸法などの意識集中トレー
ニング
であったり、ある種の体操法などが必要になってくるのです。
つまり脳に休息を与えることで、交感神経を優位にする必要がないこと
を認識させる。
結果として、身体の内部(ガン)に対する免役を活性化させることが
できます。
また、治癒力が高まっていれば、身体がやわらかい・コリや張りがない
ことを感じることができます。