アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | めまい・耳鳴り

めまい・耳鳴り

めまいや耳鳴り・・・見た目ではわからないけど、症状は
非常に不快であり、つらいものです。
検査をして、器質的な問題があれば、対策を講じることが
できますが、心因性のものや原因が特定できないケースも
多々あります。

西洋医学的に原因がはっきりしなくても、東洋医学的で
あったり、頭骨調整の観点からみたりすると、その不調を
引き起こしている要因をつかむことができます。

①「上虚下実」と反対の「上実下虚」となっている

 健康体であれば、頭寒足熱の状態がよいとされます。「氣」は
 下半身・お腹のあたりで充実しているのが望ましく、上(頭)の
 ほうに上がってしまうのはよくありません。

 暖かいものは上へ上へと上がる性質があるので、一度上に上がった
 氣は、なにか対策をとらないと下へは下がってきません。
 頭の方で、氣がたまっていくと、行き場がないので、そこで停滞
 してしまいます。
 「氣」は血液や体液など、循環させる働きを持つものですので、氣
 が停滞してしまうと、すべての流れが悪くなります。
 なにかの器官で、余分な水分や老廃物がたまってしまうと、新鮮な
 酸素や栄養素が届かなくなる・神経の流れが阻害される・といったこ
 とから、痛みがでたり、正常な働きができなくなったりします。

② 頭蓋の硬直
 
  頭蓋骨は、硬い骨の塊のようですが、こまかいパーツが複雑に
  組み合わさったものです。縫合線というところでつなぎ合わさって
  いますが、この縫合部分が硬直してしまうことがあります。
  (思考による疲労・ストレス・首や肩のコリ・薬・・などが影響)
  
  頭蓋骨は、本来、とても繊細な動きをもっています。
  開閉や頭の基底を中心に前後の動き・・・など独特のリズム運動
  をしています。
  このことで、脳内の静脈やリンパ液の循環を促し、脳内の血流を
  よくする働きをしています。
  
  しかし、なんらかの要因から頭蓋が硬直している状態だと本来の
  流れが阻害され、老廃物がたまったり、血行が悪くなったりします。
  ①の原因が下地になっていることも多いです。

  結果として、その頭蓋の硬直部分がひどい場所に関連する器官に
  不調があらわれてきます。
  (耳のまわりの側頭骨が硬直すると、耳鳴りやめまい
   鼻の奥の骨が硬直すると鼻炎や蓄膿 
   目のまわりの骨が硬直すると白内障や飛蚊症・・・など)

③ 交感神経優位

  症状をお持ちのかたの多くは、ストレスが多い・ゆっくりする時間が
  とれない・自律神経失調症や更年期にあるかた(身体のリズムが乱れ
  ている)だと思います。

  共通することは、交感神経が優位で、副交感神経が十分に働かない。
  リラックス下手。

  交感神経は活動型の神経ですが、血管を収縮させる・血圧をあげる
  心肺の活動を活発にさせる・筋肉を収斂させる・といった働きをしま
  す。
  休息型の副交感神経も同じくらい働いていれば問題ないのですが、交
  感神経が働きすぎると・・・
  肩や首のこり・血行の悪さ・内臓の働きの低下 などを引き起こします。
  肩や首が凝れば、身体と脳の間の血流がせき止められるので、脳内の
  血行が不順になり、不快症状につながります。

④ 内臓の働きの低下

  ③により内臓が弱ると・・・
  東洋医学では、各臓器はそれに関連する器官を支配すると考えています。
  腎臓なら膀胱・生殖器・耳・髪・骨・歯
  肝臓なら胆のう・筋肉・爪・目・血液など

  腎臓の弱りは、それに関連する器官の弱りや疾病に繋がります。
  局所のパーツは全身につながっている・全身は各パーツを支配している
  のです。
  
  めまいや耳鳴りなど、その症状だけにとらわれず、全身の状態を鑑みて
  大きな要因を取り除くことが、改善への近道です。

  ・上実下虚になっている方なら・・・
   足元に「氣」をおろすための「足操術」の施術
    (同時に内臓の不調にも働きかけます)
  ・頭蓋の硬直がひどい方なら・・・ 
   「頭蓋仙骨療法」
  ・交感神経が優位なかたなら
    背骨を中心としたリラクゼーションセラピー

  
 などを施術させて頂きます。