アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 妊娠力を低下させるもの 排泄力②

妊娠力を低下させるもの 排泄力②

生理というものは、生殖器系のいろいろな状態を反映してくれています。
その中で、生理痛があるということは、なにかしらの問題が潜んでいると
考えられます。
ずっと生理痛がある人は、それが当たり前となっている人も少なくありません。
痛みがあれば、薬を飲んで、それで治るから大丈夫!と話す人もいらっしゃい
ました。
しかし、痛みは身体からのサインであると言うとおり、なにかしらの不具合が
生じているのです。

子宮が十分に収縮し、子宮内のものがしっかりと排泄されれば、痛みはないの
ですが、
①子宮の働きが悪く十分に収縮しない
②排泄物が多い
③血液がドロッとしていて、排泄されにくい
このような状態だと、出るべきものが出ないので、痛みとなって現れます。

では、① 子宮の働きが悪いのは・・・?
   ・ホルモンの指令が十分でない(脳の働きの記事で掲載します)
   ・ゆがみ・硬直による
    
    子宮は臓器の中でも下位置にありますよね。内臓が下垂してくれば、
    子宮が圧迫されます。行き場がなくなった子宮は形を変えたり、隙間
    に逃げ込んだりしますが、圧迫されると、血液循環が悪くなり、機能
    が低下していきます。

    また、骨盤のゆがみがあると、同じようにその器にあわせるようにな
    るので、自然と子宮も歪んでいきます。

    この場合は、骨盤の状態や内臓の状態(肝臓・心臓・胃・腸・横隔膜
    など)で下垂やゆがみが生じているもの全てをもとの位置に正すこと
    ことが必要です。
    施術により改善させるとともに、それをキープできるように、姿勢を
    整えることや、筋肉をほぐす体操などご自身で行っていただくように
    なります。

 ②  排泄物が多い
    生理に関しても、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの働
    きは、とても重要ですが、現代はこのエストロゲンが過剰になり、さ
    まざまな疾患の要因の1つになっていると言われています。
    その理由は、環境ホルモンやダイオキシンなどの問題が関わっていま
    すが、解毒の働きをする肝臓が弱っていれば、体内への蓄積量も増加
    するでしょう。
    エストロゲンの役目は、子宮内膜を厚くすることなど増殖の働きです。
    このエストロゲンが過剰で、月経の量が多い場合は、肝臓の状態をよ
    くする
ことも必要です。

 ③ 経血がドロッとしている
    ・お腹まわりが冷えている
        冷えているとなんでも硬くなろうとします。
    ・食の影響 
        食べるものの質により、血液が酸性に傾くと、ネバネバして
        きます。油や糖分を断つなど食生活の改善が必要になります。

これらの状態を改善していき、生理痛がない身体をつくる。
これがはじめの第一歩ですね。