アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 不妊体質 ④便秘

不妊体質 ④便秘

便秘の問題もなかなかやっかいです。
とても基本的なことですが、「薬を飲んで出るから大丈夫~」というのは、論外
です。
他の頭痛や生理痛にしても、「薬を飲んで痛みが取れる=治る」と思っている方
がいらっしゃるんですよね~。
これは問題を隠しているだけであって、健全な対策をとらないかぎり、いい方向
には進みません。
何かしらの疾病や不妊で困っているという悩みをお抱えなら、健康な身体は痛み
などないし、出るものは自然にでるはず!とお考えください。

便秘の原因としては(水分・野菜・運動などの不足はのけておいて)
・消化器系の問題
・構造的な問題
・自律神経からみの問題
にあげられます。

消化器系の問題・・・
  胃・胆のう・膵臓などの消化液の問題があるとき、それぞれの臓器が硬直
  している・ゆがんだり下垂したりしている・お互いの臓器が圧迫しあって
  いる・・・などの現象により、働きが低下していると考えられます。
  その場合は、緩めてあげたり、位置を元に戻すよう矯正したりし、働きを
  活性化させます。

構造的な問題
  消化器系の臓器の問題だけでなく、子宮や卵巣のゆがみが、腸を圧迫する
  こともあります。腰痛関連の記事にも書きましたが、子宮や卵巣のゆがみ
  を生じさせるものは、横隔膜・骨盤・仙骨・大腰筋などいろいろ考えられ
  ますので、そこからアプローチすることが必要になるかもしれません。

  また子宮が後方に変位していると直腸を圧迫し、便秘の原因となることも
  あります。姿勢などの配慮も必要かもしれません。

自律神経がらみの問題
  メンタルな部分と便秘や下痢との関連はどなたでも経験あると思います。
  自律神経は、内臓の働きすべてに関わっていますので、前述した消化器系 
  の臓器の働きとともに、前傾か後傾などの姿勢にも影響を与えていきます。

  特に、交感神経や副交感神経がそれぞれ十分に働くときは働き、休むとき
  は休むといったメリハリ・偏りなくバランスよく働く・真ん中に戻ろうと
  する力がある・・・といったことが大切になります。

  このような働きができるためには、身体が冷えていないこと・硬直やハリ
  がないことが条件になってきます。特に、後頭部や首、脊椎ラインがこっ
  ている場合は、自律神経のバランスが乱れがちになりますので、その部分
  をゆるめるケアが必要になってきます。

便秘があるということは・・・
 ・腸の状態が悪いので、血液の汚れがおこる
 ・腸が膨らむので、子宮や卵巣を圧迫し、機能を落としてしまう
 ・腸内環境が悪化すると、セロトニン系のホルモンが分泌されにくく、メン
  タルが乱れてくる(ストレスを感じやすくなる))

などの問題が生じてきます。便秘の影にもいろいろな問題が隠されていますの
で、1つ1つ対策を考えていきましょう。
直接的でなくても、不妊の原因を解決していくことにつながっていきます。