アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | ポジティブ信仰に気をつけて

ポジティブ信仰に気をつけて

一般的にストレスを何とかしようと考えるときに、「ポジティブに考えよう」とか
「ネガティブな考え方だからストレスがたまるんだ」みたいに思うことがあります
よね。ポジティブな思考はよくて、ネガティブはよくない・・避けたいと。

たしかに極端なネガティブ思考の人は、一緒にいたくないし、自分もできる限り
ポジティブでありたいとは思います。

 

でも・・・人の感情って、すべてをポジティブに受け止められることはありま
せん。「喜怒哀楽」が基本です。

 

どの感情も、これはポジティブでこれはネガティブというものではないんですよね。

 

そこから、それをどう受け止めて、どう自分の中で処理をしていくかという過程
でポジティブとネガティブ路線に分かれていくのではないでしょうか・・・。

 

たとえば、人からなにか気にさわるようなことを言われたとします。

 

一瞬ムカっとかイラっとするでしょう。

 

そこで、私はポジティブシンキングをするから、「気にしない・気にしない(^^♪」
というのは、本当のポジティブでしょうか?

 

完全ネガティブ路線だと、「あんなこと言われた…私ってやっぱりダメなんだわ」
とか「もう嫌われたに違いない」という思考で、クヨクヨとしますよね・・・
これはいろいろ悪影響が出てきます。

 

私が思うポジティブは、言われたことに対して、まずその真価を確かめようとする。

・その人がただの思い込みやいじわるで言っているのか

 あるいは、自分のことを思って、よくしようとして言っているのか

 

・他の人の視線でも自分にはそういうところがあるのか

 

・それは、自分の成長にとって、プラスに変えられることか

 

を自分なりに考えてみて、そこから、「気にしないでおこう」という選択でも
よし、「こういう風にする努力をしてみよう」という選択もありになります。

 

ポジティブというのは、ただやみくもに楽しく・楽観的に・・・ととらえている
と、問題の本質に気がつきにくくなります。

 

自分にとって成長になるように、いいようになるように、物事を変えていこうと
することが本当の「ポジティブ思考」ではないでしょうか?

 

その過程では、悩んだり苦しんだり、迷ったり、表面的には「ネガティブ」な過
程を踏まないといけないかもしれません。

そのときのネガティブは決して否定的なものではなく、必要で大切なものだとい
うことになりますよね。