アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 身体を緩めることを優先に

身体を緩めることを優先に

近年多い自律神経失調症。また、更年期障害。

更年期障害に関しては、女性特有のものと思われていますが

症状が顕著というだけで、男性にもあります。

また、閉経前後というイメージですが、若い女性にも見られ

ます。

 

これは、関係の深い自律神経の調整が乱れやすい環境という

ことで、近年多く見られるようになっているのでしょう。

 

自律神経失調症というと、原因が特定できない、不快な症状

ということで、さまざまな症状が出てきます。

 

頭痛・不眠・肩こり・動悸・めまい・消化不良・・・などな

ど。
特定の病名がつかないので(つけられないと、自律神経

失調症ということになる)他人には軽く見られがちだけど、

本人にしてみたら、いつ、調子が悪くなるかとか、いつにな

ったら元気になるのか・・・と結構きつく感じるものです。


調子が悪いと不安になるものですが、そのときの対処の仕方

を。

何がよくないといっても、その「症状」にストーリーをもた

せることです。

 

心臓がどきどきする・・・「だんだんひどくなっている気

がする」「このまま心臓発作で倒れたらどうしよう?」

めまいがする・・・「あしたもこの調子だと仕事にいけな

い」「このまま治らないのでは・・?」

 

と症状に付加価値をつけてしまいがちです。

 

すると、身体を支配している神経はその不安や心配に反応

しますので、生命の安全のために「神経を過敏」にして対

処しようとします。

 

余計なエネルギーをそこで使うので、調子を整えようとする

身体のシステムがうまく機能しません。

 

そのため、調子がなかなか戻らないとか、余計ひどくなる、

ようなことがおこるのです。


ですから、調子が悪い時は、自分が「ストーリー」をつけて

いないかどうかをチェックし、ただただ、症状を感じるだけ

にしておきます。

 

また、「早く治そう!」と支配したり、「こんなことではい

けない。気の持ちようだ!」と否定したりも、よくないです

ね。

症状を感じる=見つめるだけです。


そして身体を緩めることを第一に。

(深い呼吸や、ストレッチなどでリラクゼーションする)

 

筋肉が緩めば、神経の流れもよくなり、乱れた神経のバラン

スを調整しようとする働きが高まります。