アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 肩こりの原因も人それぞれ ①

肩こりの原因も人それぞれ ①

私達は、ボーリングの玉1個分くらいの重さの頭を、肩と首で支えているので、構造上、身体の

使い方によっては、コリがでるのはある程度は仕方がないです。

 

通常、「肩がこる」時は、細かい仕事を根をつめて長時間した時とか、重労働をした時・重たい

荷物をずっと持っていた時・・・などです。

 

これは、疲労物質が肩周辺に蓄積された状態ですので、「マッサージ」という手法が有効です。

 

ただし、あまりきつく揉んだりたたいたりすると、細かい筋肉繊維が傷ついて、その修復時に
もっと強い筋肉になろうとし、余計、コリがひどくなることがあるので、そこは注意ですね!

 

ところが、現代の肩こりの原因はそればかりではないのです。

 

 

① 現代は、腕を使う作業がかなりあります。文化的な生活になればなるほど、脚よりも腕を

  使う傾向になりますね。この「腕」の使い過ぎによって、肩がこります

 

② 頭・目の使い過ぎ・・・頻繁に頭脳労働をしていると、血液が「上」へと上がります。

  循環がよければ、あまり問題はないですが、同じ姿勢が続くと、筋肉が硬直し、上がった

  血液が下がりにくくなります。その結果、肩周辺で、うっ血し肩こりになります。

 

③ 情報過多やさまざまなストレスにより、交感神経が優位な生活になりがちです。交感神経は
  血管を収縮させるので、流れが悪くなり、コリになります。

 

④ 内臓の不調も肩こりを起こします。内臓は、それを守るため、筋肉の膜で保護されています。

  内臓の調子がわるいと、筋膜を固くして、内臓を保護しようとします。

  筋肉は、つながりあっているため、お互いが引っ張り合うような形になり、肩もひっぱられて
  コリがでます。

⑤ 肝臓の不調による肩こりがあります。肝臓の働きは多種多様ですが、筋肉を収縮させる働きも
  担っています。肝臓が弱ってくると、もっとエネルギーを出さそうという働きが出て、筋肉への
  働きかけも強くなります。その結果、肩の筋肉も収縮し、硬くなり、コリにつながります。

⑥ 胃の下垂も原因になります。内臓が下垂すると、下へ落ちる力が強くなるので、肩全体を引っ張
  ります。その結果、肩が重くなります。

⑦ 肩甲骨周辺のこりからくる肩こり。肩の筋肉は、背中側の肩甲骨全体を覆うような大きな筋肉
  (僧帽筋という)につながっています。近年は、スマホ時間が増え、前かがみで肩甲骨全体が
  外に広がってしまうような姿勢が増えました。大きな筋肉に引っ張られて、動きが制限される
  ため、肩のコリにつながります。

⑧ 姿勢の歪みから。その姿勢の原因もさまざまで、脚の長さの左右差や立った姿勢のときの重心
  のかけ方・脚を組む癖など、そういったことから、脊椎が左右のどちらかに湾曲することが
  あります。その結果、左右のどちらか負担のかかる側がこるようになります。

⑨ 冷えや食生活から、血液が酸性になり、ドロドロになると、血液循環の不良をおこします。
  (たとえば、砂糖や油、肉食中心の食が多いなどです。)新鮮な栄養や酸素が行きわたらない
  と老廃物がたまり、凝りにつながっていきますね。

長くなってしまたので、次の「肩こりの対処法 ② 」でこれらの原因に対しての対策を記事にして
いきたいと思います。