アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 自然治癒力について3 体温を考える

自然治癒力について3 体温を考える

がんの特性の1つはなんといっても冷えている箇所が好きということです。
冷える=血行が悪い=免疫細胞が行き着かない ということもガンが増殖する要因です。
がん治癒を考えるときは、体温を上げる・血行の悪いところをなくす
このための方法を取り入れなければなりません。

体温が低いのは、自然治癒力の点から考えると、その時点で治癒力が低下していると
言えます。
体温が低いのは、・冷えるような食べ物や飲み物をとっている
        ・自律神経の交感神経が優位である
        ・代謝が悪く、または筋肉の働きが少なく細胞が熱エネルギーをうまない
といった理由が考えられます。

人は体温が高いほど(36.7℃以上)、心が軽く前向きになり、行動にも俊敏さが伴います。
体温を上げる理由は、がんが嫌がるから・・免疫が上がるから・・だけではなく、こころの
あり方にとっても有益だからです。

では、体温の上げ方について
・ウォーキング・・・筋肉をつかうので熱がうまれるということもありますが、筋肉を
          使うことで、脳の中心部「脳幹」に刺激が伝わります。
          ここは、生命力と直接関係があるので働きがあがり、体温もあがるのです。
          (生命力のある赤ちゃんは、お年寄りに比べると断然体温が高いですよね)

・酵素温熱療法・・・外からあたためるだけの効果ではありません。
          発酵というプロセスは人の細胞にもエネルギーを与えます。
          細胞の1つ1つが活性化することで、身体全体の熱が生まれます。
          (酵素風呂自体が発酵エネルギーで70度ちかくまで熱を生み出している
           のと同じ原理です)
体温は今の自分の自然治癒力がどうなっているかを見極める大切なバロメーターです。
36.5℃を下回っているようなら、真剣に対策をかんがえましょう。