アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 腸内環境の大切さ

腸内環境の大切さ

免疫細胞の多くは腸で作られる・腸内環境が悪ければ免役関係のさまざまな疾患の原因
となる。
アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・潰瘍性大腸炎・クローン病など現代医学では
原因が特定できないとされていますが、腸の状態に影響されることはよく知られるように
なりました。
腸では約3000種の体内酵素を作り出しています。
腸内の環境が悪いと、免疫力が低下するとともに、酵素を作り出す力も低下します。
腸内細菌のバランスが悪いと酵素をつくる力が弱り、既存の体内酵素を使っていくように
なります。
酵素は
・恒常性を維持(ホメオスタシス)
・免疫系を活性
・細胞の再生や修復
・神経系やホルモン系を調整
・消化や解毒
など、いわゆる自然治癒力に含まれる働きをしています。

アトピーやアレルギー・・・ほかの疾患においても体内酵素をいかにふやせるかが治りを
左右します。そして、酵素を消費しないような生活そのものが、腸内細菌のバランスをよく
することにつながるのです。

では、その生活とは
・良質の水をとる(お茶⇒×)(1500ml~2000ml)(身体が冷えないように工夫して)
・活性酸素の発生を減らす  ストレス・添加物や農薬・紫外線・電磁波を避ける
              ・歯周病や炎症を早く治す
・消化に使われる酵素を減らす 高タンパク・高脂肪・大食・寝る直前の飲食をやめる
・よく噛む ⇒ 唾液が十分にでる(唾液には酵素がいっぱい)
・24時間以内の排泄

消化・解毒のために使われる酵素の量を少なくすれば、その分、免役や神経やホルモン系の
機能修復にまわすことができます。

また、腸内細菌のバランスをとるために乳酸菌が必要となります。
乳酸菌はリンパ球・NK細胞を活性化、アレルギ反応を抑える働きをします。
乳酸菌を増やす食べ物として、未精製の穀物・ヒジキ・ワカメ・コンブ・野菜・豆
キノコなどがあげられます。