アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | ステロイド剤の弊害

ステロイド剤の弊害

長期間、ステロイド剤を使用すると、身体的や精神的にさまざまな
影響が出てきます。

身体的な面
(小児アレルギー学会からの報告)
・成長ホルモンが阻害される
・肝臓において細胞の成長にかかわるインスリン様成長因子(IGF-1)
 が抑制

 このため、身長が伸びない・髪がうすい・骨密度が低くなる・コラーゲンが
 阻害され、肌が弱くなる・筋力が衰える・抵抗力の弱化

ほか、ステロイドが引き起こす疾患として
  クッシング症候群・副腎皮質機能不全・糖新生が促進(糖尿病)
  消化性かいよう
などがあげられます。

精神的な面

ステロイドは副腎皮質ホルモンの代わりとして使用されます。
このホルモンは抗ストレスホルモンと呼ばれ、ストレス下において
自己を調整しようとするホルモンです。
ストレスをのりこえるために、交感神経が活発となり、アドレナリン系の
ホルモンがでます。


すると精神状態は
  闘争心・恐怖心・あせり・悲観・嘆き・困る・不安・拒否・・・
これらは、生き抜くために本能として出てくる自然な精神状態です。

通常の生活では、これらのホルモンが出ても、ある限界でストップしますし、
ある程度ストレスも緩和されていくので、この精神状態が続くことはあまり
ありません。

しかし、ステロイド剤長期間使用において怖いのは、この状態がずっと続く
ことにあります。

上記の状態が続いた場合、小児であれば人格形成にかなりの影響を及ぼします。
安定した情緒・他人への共感・寛大さ・集中力・積極性・意欲・肯定的・
ポジティブか・感情の解放・イキイキ感

こういったことへの影響力が大きな問題なのです。
つまり、抗ストレスホルモンは、心的なエネルギーが外に向かって放出されにくく
自己を守るために内部にこもってしまう
のです。

ものごとに意欲的に取り組めない・・・・人との交流に心を開けない・・・
そんな性質が出来上がってしまえば、それを変革させていくことは並大抵の
ことではできません。
身体的な影響はこのほかにもいろいろな問題がありますが(この記事では主だった
ものだけ取り上げていますが)精神的な影響はさらに深刻だということです。

アレルギーは非常につらいものですので、ステロイドを全く否定してしまうのも
善し悪しです。
要は、まずは体質改善の策を行いつつ、短期間で上手に取り入れたいものです。