アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | 自律神経バランスチェック法

自律神経バランスチェック法

自分の自律神経のバランスが整っているかどうか・・・と意識する
方は少ないと思いますが、どこかが不調になると、バランスが崩れて
いるのかな?・・・と思いますよね。
普段から自分の体調をチェックする習慣があると、早くに不調対策ができ
また回復にも時間がかからずにすみます。
そのチェック項目を・・・

自律神経の働き具合は
顔色・顔の表情・姿勢・気分・睡眠の質・食欲・便の状態・体温(冷え感)
などにあらわれます。

顔色・表情・・・・鏡をよくみる習慣のあるかたは一目瞭然ですよね。
         バランスのいい時は、血色がよく、表情は険しくなく、
         だらんとしてなく、いい感じで引き締まっています。
姿勢・・・・・・ 交感神経が優位であると、前のめり気味・肩が前方に入る。   
         副交感神経が優位だと、骨盤が後傾(お腹が前にでる感じ)
         猫背気味
気分・・・    がんばろうモード(緊張・プレッシャー状態)かやる気が
         あまり出ない(うつうつとした感じ)か
睡眠・・・・   寝つき・途中で起きるか起きないか・早くに目が覚めるか
         どうか・・・いい状態なら、すっと眠れて、朝、爽やかに
         起きられる。
食欲・・・・   食欲はあるが、腹八分ぐらいで満足できる
         ジャンクフードや加工食品を欲しない
便・・・・・   においがなく、大量で、うすい茶色(黄色っぽく)軽い感じ

冷え・・・・   体温が36.5~36.8℃あり、手先足先に冷え感がない
     
バランスの崩れが感じられ、活動・緊張・イライラ・興奮の状態が多ければ
交感神経が優位、非活動的・うつうつ・やる気が出ないという状態が多ければ
副交感神経優位ということになります。

交感神経優位のかたは、積極的に休息する時間・リラクゼーションの時間をとる
ことをおすすめします。
副交感神経優位のかたは、身体を積極的に動かす時間をもつことをおすすめします。

日中の活動がバランスよく行えているかどうかの判断は、1日の終わりに振り返ってみて
・身体に心地よい疲れがあるかどうか
・心に充足感があるかどうか
も判断材料になると思います。

自律神経は、内臓の機能や免疫などもコントロールしています。
バランスが失調気味になったら早めの対策を試みましょう!