アトピー・冷え性なら酵素風呂 | 香川県高松市 自然家(じねんや) | アレルギーと酵素の関わり

アレルギーと酵素の関わり

私たちが食べるものは、炭水化物やタンパク質・脂肪と
いった栄養素に分けられます。
それぞれ、炭水化物・・・糖
     タンパク質・・・・アミノ酸
     脂肪・・・・酸やアルコール
といったものに分解されます。
その分解や合成の仕事をしているのが酵素です

これらが完全に分解されて、血液中に吸収されれば問題はありま
せんが、酵素が不足していたり働きが悪いと、未分解のまま血液
中に吸収
されてしまいます。

それを免役細胞が「非自己」と認識することで、やっつけようとして
アレルギー反応が起こります。

アレルギー疾患の場合、アレルギー源となっているものを除去する
方法がまず考えられますが、血液中に未完全な消化物質が存在すれば
(窒素・脂肪・炭水化物など)アレルギー反応をおこすシステムが発
動してしまうのです。

まずは食べたものを完全に分解させる対策が大事だと思われます。
そのためには、
・体内に十分な酵素を取り入れること。
・酵素を大量に必要とする食事を減らし、負担の少ない食事にする

つまり
・腸内環境を整え、有用菌を増やすことを目的とした食事
・病気・暑い日・寒い日・運動した日・食事の質が悪い日など酵素
 が多く使用される時は、酵素飲料などで補給
・酵素がよく働くように、冷えの解消をする

酵素が十分に働かないと、同じ理論から
・乾癬  ・皮膚炎  ・掻痒症  ・肝炎   ・胆石症
・関節炎 ・リューマチなど自己免疫疾患
などの疾病も考えられます。

アレルギー対策の1つとして、酵素補給を取り入れましょう