身体を緩めることを優先に

近年多い自律神経失調症。また、更年期障害。
更年期障害に関しては、女性特有のものと思われていますが症状が顕著というだけで、男性にもあります。
また、閉経前後というイメージですが、若い女性にも見られます。

これは、関係の深い自律神経の調整が乱れやすい環境ということで、近年多く見られるようになっているのでしょう。

自律神経失調症というと、原因が特定できない、不快な症状ということで、さまざまな症状が出てきます。

頭痛・不眠・肩こり・動悸・めまい・消化不良・・・などなど。

特定の病名がつかないので(つけられないと、自律神経失調症ということになる)他人には軽く見られがちだけど、 本人にしてみたら、いつ、調子が悪くなるかとか、いつになったら元気になるのか・・・と結構きつく感じるものです。

調子が悪いと不安になるものですが、そのときの対処の仕方を。
何がよくないといっても、その「症状」にストーリーをもたせることです。

心臓がどきどきする・・・「だんだんひどくなっている気がする」「このまま心臓発作で倒れたらどうしよう?」

めまいがする・・・「あしたもこの調子だと仕事にいけない」「このまま治らないのでは・・?」

と症状に付加価値をつけてしまいがちです。

すると、身体を支配している神経はその不安や心配に反応しますので、生命の安全のために「神経を過敏」にして対処しようとします。

余計なエネルギーをそこで使うので、調子を整えようとする身体のシステムがうまく機能しません。

そのため、調子がなかなか戻らないとか、余計ひどくなる、ようなことがおこるのです。

ですから、調子が悪い時は、自分が「ストーリー」をつけていないかどうかをチェックし、ただただ、症状を感じるだけにしておきます。

また、「早く治そう!」と支配したり、「こんなことではいけない。気の持ちようだ!」と否定したりも、よくないですね。
症状を感じる=見つめるだけです。

そして身体を緩めることを第一に。
(深い呼吸や、ストレッチなどでリラクゼーションする)

筋肉が緩めば、神経の流れもよくなり、乱れた神経のバランスを調整しようとする働きが高まります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.05.28

    6月の店休日
  2. 2020.04.29

    5月の店休日
2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP