熱ショックタンパク効果

酵素風呂では、「熱ショックタンパク質」(ヒートショックプロテイン)が作られます。

以下 HSPと記述

HSPとは・・・しおれたレタスを50℃のお湯の中にしばらく漬けておくと、シャキっと

よみがえってきます。

これは、「熱ショックタンパク質」というものが、傷ついた細胞を修復させるからなのです。

名前のとおり、このタンパク質は、熱ストレス、つまり身体に熱のストレスが加わることで、

体内で増加します。
この働きから「自己回復タンパク」とも呼ばれています。

私たちの身体の細胞は種々のたんぱく質でできていますよね。

しかし、ストレスをうけたり、また加齢によってでも、このたんぱく質構造は壊れていきます。

そして、その働き・機能を失います。


この壊れたタンパク質がいつまでも体内に残っていては、不都合がおこります。

他の健全なタンパクの働きを邪魔したり、身体全体の流れを悪くしたりします。

少し壊れているなら、修復を、元に戻らないダメージなら分解して排出する必要があります。

ここでHSPは、壊れたたんぱく質の「分解」を促すか、正常なたんぱく質に「修復」して

くれるのです。


また、細胞自体を「強く」してくれる働きがあることもわかってきました。

こういったことから HSPは

・免疫細胞を活性化

・乳酸の発生を抑える

・シワやシミを予防

・細胞を守る(臓器を守る)

・ガンの増殖を抑える

など「身体を元気に」してくれ、「美容効果」も発揮。


ということで、とてもうれしい存在のタンパク質です。

ご家庭での入浴でも、HSPは作られるぐらいですから、酵素風呂ではどれだけのHSP

(量も種類も)が作られるか・・・と考えたらうれしい限りですよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP