ストレスに弱い・・・原因2

なにかの問題に遭遇したとき、自己効力感というのは とても重要なキーワードです。

その問題が小さなことであれば、「なんだ!それぐらいのこと」 「私がかたづけておくわ」ですみますが、初めてのこと・難題 前もこなせなかったこと・解決まで時間がかかりそうなこと等 という条件がつけば、思わず尻込みしてしまいます。

同じ出来事に遭遇しても、「自分で何とかできる・してみよう」と 思う人(時)もいれば「もう自分にはどうしようもない」と思う人 (時)もあります。
これが、物事に対してストレスに強いか弱いかの大きな差になるの です。

ストレスに強くなるための自己効力感を高めるには、経験と意味付け の変容が重要です。

・いろいろなことを体験していくようにする
・人の体験談などをたくさん聞き、自分のもののようにする
・自分ではできないことでも、その道に詳しい人をしっておく
・成功体験を積み、自分は成し遂げる力があるという信念を持つ
・物事は何とかなる・よくなっているという楽観的観測を持つ
・それを経験することで、なんらかの意味や自分にとっての成長が があると知る

自己効力感が高いと、ものごとに積極的に立ち向かおうとしたり、 結果にたいしてもいい側面に目がいったりするようになります。
その結果、ストレスが悪い意味のものではなく、それをのりこえて 成長できる良い意味でのストレスになってくるのです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.05.28

    6月の店休日
  2. 2020.04.29

    5月の店休日
2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP