水飲み健康法・・効果は?

体内を浄化するために、水分を十分とりましょう・・・1日に2ℓぐらいは 飲みましょう♪という話は聞いたことがあると思います。

当店に来られている方で、それを実行されていらっしゃる方がいました。
そもそもダイエットの目的があり、体内の毒素や老廃物を出したいと強く思って いらっしゃいました。

あるとき、朝方にふくらはぎがつって、痛いし、またなりそうなので・・と 施術を受けに来られました。
この時に水を2ℓちかく飲んでいるという話をきいたのですが、脚の状態を観て みると、脚の膀胱系の経絡(膀胱に関するツボが集まったライン)にはっきりと 氣の乱れが感じ取れました。
これは、体内の水分代謝がうまく働いていない・身体が冷えているという状態で す。しかも、ふくらはぎ全体が硬直しています。

お客様は「つったから、硬くなったんですね?」と言われたのですが、逆で 「硬い状態だから、つるんです」とお答えしました。

つまり、水分を過剰にとる⇒代謝が悪いと、余分な水分が身体にたまる⇒冷える ⇒筋肉が固くなる⇒流れが悪くなる⇒冷える・・・・朝方の冷え込み時に限界が きてツル

さらに話をお伺いすると、「水を飲みだしたころは、トイレ回数も多かったけれど 徐々に減ってきた。それで、水が足りないかと思ってさらに飲むようにした」 とのこと。最初は、代謝がよく水分を身体がまわしていたのに、冷えてくることで 代謝が落ちてきたことがうかがえます。

水をのむ健康法が良いといわれますが、身体の代謝機能が十分に働いてのことです。
必要な量はもちろん個人差があります。
自分ののどの渇き具合・身体を動かす量・食べるもの(毒素が多いと流して浄化する ために水が必要)トイレの回数(尿の量)・・などを考慮して、自分にあった量を 見つけるようにしてくださいね。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP