病は氣から 健康は氣づくりから

病気のお見舞いに行くと「病は氣からって言うでしょ!元気だしてね」
と励まします。
確かに、早く治したい・早く元気にならないと・・・と考えていると
回復が早まります。
反対に、「こんなにつらいのに、簡単に治るはずがない」とかやりたくないことが控えていたりすると、治りが悪くなることもあります。
気持ちの持ちようで、病状が良くなったり、悪くなったりすることは、確かにあります。

しかし、このように気持ちだけで、病が治ってしまうのであれば、現代のようにいろいろな病気が増えたり、慢性病で苦しむ人が増えたりすることはないはずです。

ここに「氣」の難しさがあります。
早く病気が治るように思おう!と考えても、その思いがそのまま身体の治癒力を高めてくれることにはつながらないようです。

毎日毎日、身体に痛みが起こる・立っているのもつらい・治る兆しが見えない
・・このような日々が続けば、誰でも、精神的に参り、次第に良い方へは思えなくなってきます。
不安や焦り、恐れなどのネガティブな思いが振り払っても振り払っても沸き起こるような状況の時、「病は氣から」と言われても、気休めにしか思えないでしょう。

「氣」の本質はただ、思えばいいというものではなく、精神・思考・感情・
また身体の状態などいろいろな要素から、「氣」は出来上がっていくものです。

ですから、病気になって、いきなり「病は氣からだから、元気を出そう!」と
思っても、そう簡単には「氣」を扱えるものではありません。

「氣」を意識を持ったエネルギーととらえるなら、そのエネルギーの取り入れ方・強め方・減らさないようにする方法などがあります。

それをコーチング方式により、指導していきます。

世間一般には、免疫力を高める方法や自然治癒力を高める方法などがいろいろ紹介されています。
それらも大事ですが、その方法を引っ張っていくものが、「氣」なのです。

エネルギーの量や質が高くなれば、病気を治す力・健康力・気力や体力が高まることにつながります。
そして、身体の状態のみならず、集中力の向上や物事を成し遂げる充実感など人生のあらゆる面において、その恩恵にあずかることができるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.03.30

    4月の店休日
  2. 2020.02.29

    3月の店休日
2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP