健康のイメージをもつ

自分が病気をすると、その分野に詳しくなりますね。
近年、情報は簡単に手に入るので、その病気の原因は・・特徴は・・・経過は・・・ 症状は・・・対策は・・・。
自分が興味をもつと、その話題に敏感になるものだから、ますます情報が入ってきます。
病気の原因を知って、その対策をとるのは、必要なことだと思います。
しかし、ある程度情報を得て、対策を考えたら、あとはその行動を行うことに 専念したほうがいいでしょう。
さらにさらにと、情報を求めるのはほどほどに・・・。

なぜなら、自分がいつも思考していることは、その現状があって当たり前として 脳が働き、それを上回るような働きをしなくなるからです。
つまり、健康を回復するために、自然治癒力を働かせるといった脳の力が 発揮しにくいということです。
もちろん、人の身体は、健康な状態になるようなシステムがあるので、少しずつは 治癒力が働きます。
その力をパワフルにださせるのが、人のこころの力や思考していることなのです。

なので、ご自分の病気の専門家である前に、健康な状態というのはどういう感じかを イメージしたり、今、使えている機能に対して感謝の気持ちをもつことがとても 大事なのです。

なにかの症状で苦しい時には、健康を思うことは難しいかもしれませんが、 1日に数回、朝起きたときや寝る前だけは、「健康で元気になった自分」を 思い、そう頑張ってくれている自分の身体に感謝するようにしませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP