笑うと健康によい・・・なぜ?

笑っていると、自律神経の中の副交感神経が刺激をうけ免役力が高まると 言われます。
近年、わらいヨガなども普及し、ガン患者さんのグループで取り入れられ ることもあります。
ただ、笑うのが良いといっても一人では実践しにくいのが難点。
グループで、なにか笑いの波動なるものが全体に蔓延してこそ、芯から楽し くなってくるというもの。

一人の時に行える笑いの効果。
「ハハハ」と声を上げて笑わなくても、笑った表情をするだけでもOKなのです。
顔の表情筋の中には、幸せか不幸せかを感じる化学物質を分泌するスイッチが あります。
もし、しかめ面をしていたら、脳がスイッチを判断し、style=”color:#0000FF;”>「コルチゾール・アドレ ナリン・ノルアドレナリン」といったホルモンや神経伝達物質を分泌。これらは ストレスホルモンと呼ばれ、血圧を上げ、不安や落ち込みを感じやすくします。

また、エネルギーを筋肉・骨に送ったり、体細胞に血液を送ったりする流れを 抑制します。
しかめ面では健康効果はまったく期待できませんね。

また「感情が表情をつくる」こともありますが、逆に「表情が感情をつくる」 ことも真実です。
楽しいから笑う・・・こともありですが、笑っていると楽しくなるのです。
脳には、その表情をよみとって、それにあうような気分を創るという性質が あります。
大笑いしなくてもOK。
口を少しあげて、口角をひきあげて、頬の筋肉をもちあげます。
目を少し大きく開いて、視界を広げ、眉間のしわをのばします。
眉間にしわがよっていると胃にもしわが寄る・・・といわれていますよ。
胃腸はこころの鏡ですから。

鏡を見ながら行うと、脳がその表情を判断するのでなおさら効果アップ。

表情を意図的に作るだけで、健康になり、よい感情を生み出し、意欲や元気を 創る。
こんなにお手軽で経済的な健康法・・・1日に数回ぜひとりいれましょう。
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP