夏バテの原因は酵素不足

毎朝、今日の天気予報を確認して、最高気温35℃や36℃の数字を 見ては、気分からまいってしまう毎日です。

しかし、この暑さを乗り切るために、できること・気をつけること はしておきましょう~

今回は食事に関してです。

食事に関しては、「十分な栄養をとって・・・」とよく言われます。
もちろん、体力が落ちないようにすることは大前提ですが、適量や バ
ランスが大事です。

夏バテ防止には「うなぎ」と言われます。たしかに成分的には有益 なものもありますが、「土用の丑の日にはうなぎ」と言われだした 時代は、高い栄養価のものは高価で、庶民が口にできるのは稀なこ と。

そんな中で体力が落ちて、病気になるのを防ぐために、「うなぎ」 がよいと言われました。

しかし、現代は日常的に、カロリー的に十分すぎるほど摂っている 人が多いですよね。足りないといわれるものは、ビタミンやミネラ ルといったものです。

夏本番になると、冷たい飲み物や食べ物が多くなり、内臓温度が冷 えるので、消化酵素の働きが悪くなります。そこへ、高栄養のもの をとると、消化器官の負担が大きくなります。(これが夏バテを誘 引します)

ですから、いくら高栄養でも消化に負担がかかるものは、ほどほど のほうがいいですね。

ですが、ビタミンやミネラルの補給はとても重要です。普段でも、 日常の食生活では必要なビタミンやミネラルが不足している状態な のが一般的です。

夏は、代謝が活発になり、汗をかく機会も増えます。そのさいに、 ミネラルを必要とします。また、「汗」として身体の外へ出す働き を担うのが「酵素」です。

(栄養素・ビタミン・ミネラルは材料で、それらを使って、何かしら の働きをおこさせるようにするのが「酵素」の役目です。)

ということで、夏は

・体内の酵素の働きが低下する

・他の季節よりも酵素を消費する

わけですから、酵素の補給や、体内温度をあげて酵素の働きを活性化 させることが重要なのです。

食生活の注意などは、よく報道されたり広報されたりしますが、ミネ ラルや酵素のことには、なかなか話題が及びませんよね。

でも、少しミネラルや酵素にも気を配って、この酷暑をできるだけ元 気に乗り切りましょう~

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP