健康に意識を向ける

人って、ものすごい量のことを1日に考えていると言われますね。
1日に6万回とか・・・

その数字を言われても、もはや、あっているのか、どうかさえわかりませんが・・・
そして、そのうちの80%がネガティブなものだそうです。
何度も何度も考えていれば、その出来事が自分の血肉となるかのごとく、そういった思考をする性質・気質になっていく・・とわかります。
簡単にいうと、潜在意識にしみ込んでしまうということです。

考える内容は、どうしても

目の前の現実に対してや、
そこから引き起こされるであろう予期することとか、
過去の自分の記憶とか、
感情の振り返りとかになってくるんですよね。

もし、今、請求書が届いて、その額面のお金がない

という現実を生きているとします。

そうすれば、「払えない~」という現実の事実
このまま払えなかったら、どうなるのかという不安
あの時、仕事を辞めたから、こんな現状なんだという後悔
いつもいつも貧乏でつらかった思い
など、けっこうネガティブな思考・感情をひきつけてしまいます。

現実に引っ張られてしまって、金銭的な豊かになれるとか考えたくても、リアル感を持って考えられない・・となります。

これが、貧しいとなかなかそこの境遇から抜け出せない所以と言われます。

請求書の額面のお金がない!ということの方がリアル感ありありですからね。
この感覚は「健康」においても同じで、
一度、健康を害すると痛いとか、苦しいとか、なかなか治らないなどの現実をリアルに感じることになります。

健康になりたいとか、早く治りたい・・という気持ちはもちろん持っていても、ふと、
考え感じることの多くや意識を向けることの多くが「不健康」に対してになってしまいます。

いったいいつになったら治るのか
どこまでひどくなるのか
ずっとこのままだったらどうしよう

何が悪かったのか
いったいどうすればよくなるのだろう

不健康ベースの考え中心になるんですよね。

しかし
健康ベースの思考に切り替える!!と不健康の問題から、抜け出せやすくなるんです。
もちろん、人の身体には「治癒力」なるものがあるので体は勝手にいいように働いてくれるものですが、
自分の思考や感じ方は身体に影響を与えていることを考えると、健全な思考・感情のほうがいいわけです。

今の現実がどのような状況であっても健康未来を思い描くんです。

今、どこかが痛くても
痛くない時間や痛くない場所を感じて感謝する
何かができなくてもできることやできている日のことを考える
健康体でいる自分
健康でやりたいことをやっている自分
今の苦しさは、健康未来のための必要なプロジェクト!
のようなことをイメージしたり、感じたりします。

通常、ほおっておけば、ネガティブが80%といわれるなら、
自分の意志でネガティブ70%・ポジティブ10%
(残りは、もともとのポジティブか、どちらでもないこと・・夕食何にしよう~とか、雨降りそうだなぁとか・・になるかな)の割合に変更するんです。

貧しい状況の人が、豊かになるためには豊かな想像が必要なように健康も、すこぶる健康な状態にいることの想像が必要なんです。

そのために大事なこと・・・
健康を満喫している人を見たり、その人のブログを読んだり・・・。
公園で遊んでいる子供たちを眺めたり・・。
自然のエネルギーにあふれている場所ですごしたり・・。

自分はもう歳だから・・とか、もうあんなに元気にはなれない・・とかは、NGです。
同じだけのパワーは天から送られてきているんです!
自分のところだけ、空気がうすい・・ってことはないわけですからね。

その回路を開いているか、閉じてしまっているかだけの違いです。

エネルギーを受け取るための回路を開くには、
健康とか、元気とか、生きている喜びとかそういったものに、いかに意識を向けるか!

エネルギーが入ってくれば、後は身体が働いてくれます・・
ありがたいですねぇ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2022年5月
« 3月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP